高知県が設置している四万十市西土佐局及び梼原町坪野田局については、緊急時における高い放射線量を測定することが目的であり、モニタリングポストの性能上、0.2μSv/h以上が測定された場合に数値が表示されます。それ未満では、「ND」(= Not Detectable)と表示されます。

その他

※環境放射線量が平常時を大きく超えた場合(測定値が2.0μSv/h以上のとき)は、「高線量検出中」というアラートが表示されます。この場合は、無用の被ばくを避けるため、屋内へ退避し、外出を控えるようにしてください。
※なお、本県における屋内退避・避難等の防護措置は、国の原子力災害対策指針で示されているOIL(運用上の介入レベル)を踏まえ、下記の基準を基本に実施することとしています。

  1. 「屋内退避」⇒ 緊急時モニタリング結果等により、プルームの通過が予測される場合
  2. 「一時移転」⇒ 20μSv/h
  3. 「避難」⇒ 500μSv/h

PAGE TOP